月末月初をまたぐ連休をとってみた。
買い物鑑賞から参列準備に衣替えにともなう洗濯、それから数年越しの設備トラブル対応と役所関係の手続きまでやろうとすることが山盛り。

休み前に一度書き出してみたけど、冷静に順番つけて終わらせたい私と連休の解放感で気の向くまま動きたい私が足並み揃わず苦笑いした。

映画の帰りにフラゲしてきたライブDVD、
c0032771_15353954.jpg
人の感激をツイッタで眺めながら観たい気持ちで再生した。
しかし実際始めてみたら外が晴れてきて大きな洗濯とか役所手続きやれそうな気分にもなってきて再生中止ボタンをおした。
頭の中もあれこれ騒がしい。

音がなくなると積ん読に手が伸びる。
堀江さんの「君たちはどこへでも行ける」を起き抜けに読了して、次のカルチャーマップに手を出す。邦題「異文化理解力」。
せめて3倍の速さで理解して読めたら、というぐらい5月は読みたいものが多くでた。(そして買ってしまった)

ライブDVDはもう逃げないから、いつでも観られるから安心しよう。実効性のあることから手をつけて明日以降の私にそなえたい。
そう、倹約のためのご飯の仕込みとか。

[PR]
# by scent12th | 2016-06-01 15:21 | フラット

このまま同じ職で中年やっていけるとは思ってないけど何もしてない。
せっかく自信と安心と投資の元手つくるための貯金に成功したというのに、期間終えたところでこの3ヶ月さっぱり何にも手をつけていない。
一人暮らし始めたときの慎ましさ、勤勉さもないし、今の私は10年後20年後の私に何もしていないのではないか。

なにができそうか、と考えるといつも行き詰まる。
今の現場で出来ることをしているけど、それって今後も通用するの?
何から始めたらいいのだろ。

とても身軽なはずなのに、自信がないのはなかなか変えられない。
失敗、は怖い。結局冒険も大した挑戦もしていないから何が失敗になるのか、イメージがぼんやりしているせいで怖いのだろう。
明日食べるものにも困るような貧困か?
[PR]
# by scent12th | 2016-05-28 02:49

ライブビューイング

9月6日、幕張メッセイベントホールで行われたひろっさんのライブ
「ハレヨン→5&6」
これのライビュに行ってきた。

はじめから最後まで、約3時間。
演奏曲数なんと27(うち、6曲はメドレー)

文字にしてみるとその多さがかなり際立つ。MCないわけじゃないのに歌いっぱなしの印象のはずだ。
音程外してたりあんま聴こえない歌い方してたりライビュ向けのコメントくれてもカメラが全く追えてなかったし始まりなんかは力みすぎにも見えて、大舞台でひろっさんの余裕のない姿なんか初めてなものだから余計に必死なのが一瞬でわかった。

でもやっぱ、さすがの一言。
27曲覚えて、それぞれのダンスや演出を魅せた。最高のソロライブだった。
声の役者として以外に笑顔が最高の武器なので何度やられたことか。

前日の公演をみたおっきーが呟いてたティンカーベルとかピーターパンてこれか!
正直なところ度肝をぬかれた。

中盤になってふと、デビューのー2009年て自分の異動時期と一緒だなーと思いついた。
今回パンフレットを読んで初めて今までのリリースが繋がったせいか、翻って自分はどうなんだろうとふと気が遠くなった。
崇拝したいわけではなくて私はひろっさんの人として尊敬できるところは真似て自分に取り込みたい。
ここ3年くらいの衣装とじゃスタイリングも含め。
ラジオで毎週触れらる喋りを糧に。


行って良かったなー‼
[PR]
# by scent12th | 2015-09-07 00:52 | 嬉喜

藤の花鑑賞

昨年、茨城の有名な大藤を見に行こうとして挫折したこの季節。
桜があっという間に咲いて散って忙殺されるこの季節。
今年は逃してなるものか!

などとは気負わずに、ようやっと休みと晴天と体調がそろったので出掛けました。
都内の藤の名所をスマホでぐぐって亀戸天神へ。
c0032771_23181033.jpg

わー 藤だ藤だ!蜂がものっそい飛んでいて怖い。
でもやっぱり綺麗だなあ。
c0032771_23183948.jpg

正直、大藤のイメージが強すぎてはじめのうちはずっと「小ぶりだな」「でも満開だよね」
など思っていましたが写真で見返すと盛りの藤美しい。好き!

亀戸天神はそんなに広くないので、詣でてから池の周りをぐるっと2周してきました。
(詣でる時に、すぐ横にある舞台でずっとマイク通したプロの生歌が聞こえてきていて違和感あったな)
(しかも境内では座して祈祷も行われているため更に変な感じした。あれで詠唱は届くのか)

外周はぐるりと屋台が並んでいて、まさにお祭り。
お腹を下してさえいなければつまみぐい沢山したのに、りんご飴1個にしました。
その飴屋さんが手作りっぽいゲームで2と書かれてるボールが光ったらおまけくれる、って言うんですが当たらなかったよ。りんごの着色料がきつくて、それもまたお祭りだなあと思いました。

c0032771_23190707.jpg
いちおう、東京の新名所スカイツリーも入るスポットもありました。うまく撮れずに載せないけど。
あ〜〜楽しかった!


このあと錦糸町オリナスに戻って休憩し、新宿を通って帰り着きました。
新宿経由にしたのは理由があって、この日からスタートの大型広告黒子のバスケを見るためです。
西口から出てプロムナード入ってすぐでした。
急に目の前にアニメ絵が出てきたと思ったら黒子で次に目に入ったのは赤司。
少し奥の壁一面に制作のスタッフ、原作者、出版社の担当、出演者の方々によるメッセージとこれまで放映のアニメ場面からとった様々なシーンが!!
あれこれと思いつくことはあったんですが大勢の人が近づいて写真を撮ったりしているので少し離れてざーっと見てみたらば、これだけ強く感じました。

黒子なんて美少年に描かれていることか!

知ってたつもりだけど1期2期ときて3期までのシーン振り返ると彼をいろんな角度で描いてるわけで、そんなの他のメンバもそうじゃないかと思うんですがどうも黒子についてだけ特別感ありました。
GW中のみの展開なのは惜しいけど、いよいよ帝光中編も終わって、GW明けには洛山編。
始まったっていうことは終わるんだよなあ。

友人とよなよな同時鑑賞会をしているのもきっといい思い出になります。
あ〜もしも今高校生だったなら、学校帰りに毎日通って塾とかちょっとサボったりしたんだろうな。


よき休日でした!


おまけ; 亀戸天神ちかくには超有名な葛餅屋の船橋屋さんがありました。
年齢が倍ぐらい違うだろう先輩方が数十人並んでいたのであっさり諦めてしまいました。
あと、少人数で食べるには切ってない葛餅しか(別店には)見当たらなくて買えなかったよ。


[PR]
# by scent12th | 2015-04-27 23:47 | 嬉喜

1年に1回の更新ですね

毎度のことながら急な人事で10月にまた社員が半分入れ替わりになった。
しかし今までと大きく違う!全員がフルタイム入れる上に行動派!

それでもまだ、風穴あけるまでは至ってない。

人が変わって顔合わせを除いて初めての全員ミーティングは惨敗に終わった。

新しい人が来たばかりで異質に映る部分というのは、新しい期間だけにできること。
それが問題点なら変えるチャンスなのにまた活かせないなんて恥ずかしい。

それでも問題意識を持ち続け、できるところから変えていける人が来たおかげで幾分安心した。
同時に自分のことも批判的に見られていることを意識すると、指摘されないだけであれこれ溜まっているのだろうな。

「優秀だから、他のもっと大きな会社にいっても成功しただろうね」
ちきりんさんのブログで、褒められるだけの組織にいると気づいたらやばいと思え、と書いてあるのを強烈に覚えている。
同時に、自分に優位なところで勝負するという点もあった。

この組織でまだ給料的な上昇は見込めるが、ペースが今まで通りかは怪しいところだ。
これで頭打ちという可能性が出てきた。あとは管理職級だけというのならそうそう簡単にいかないかもしれない。

仕事のうち、自分の担当チームについては横を見渡してみて一応の存在感は確立できたと思う。
「心配していない」としか言われてないし、やり切ったかと言われるとまだ出来ることがありそうだが、やらなければ後悔することなのか?と考えると未練を感じない。

私はこれまでに、ロールモデルと背中を追いたい凄く上の人とも縁ができた。
訳ありだけど後輩も送り込んだ。

ここへ来てやっとやっと、自分が今ここに必要とされているという実感が湧いて、かかってくるコールに可能な限り答えるべきだとようやく腑に落ちてできるようになってきた。
同時にできないことと振り回されて山積する自分のする事も見える。

どこまでやるか。

転職に抵抗なく向かって行く同い年女性を見ていて、自分にそれができるのかと考えると不安でたまらない。腰は重いし、今までの職歴が市場で価値があるのか自信がない。それを訊く事すら抵抗がある。そんな状態で既にハンデになってるだろう年齢もあるのに何ができるのか。


しばらくぶりに3連休をとり出かけた京都旅行で、同行者と話をしてそんな事を思った。
c0032771_161848.jpg

[PR]
# by scent12th | 2014-11-27 01:33 | フラット

嘘もホントもベニニッキ。 ことばでどうでしょう。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30