都合がいい

お互いに本命らしき相手がいることをわかっていて、甘え甘えられるよーな都合のいい関係とやってみてますが本命らしき相手がお互いに消えてしまうとあっけなく都合のいい関係が居心地悪くなってしまうものでした。

じゃあまともに向き合えばいいじゃん、つきあっちゃえー、というのも微妙なライン。

都合のよさを維持するために、結構見て見ぬフリを続けてきたのです。
彼女の正体を知っているけど知らないフリ、名前や小さなエピソードも知っているけど知らないフリ。
おうちに泊めてくれるのはいいですが、居間とキッチンを隔てる引き戸のガラスに、でかでかと彼女の名前。もちろん私が知ってる名前。それでも彼からは面と向かって彼女のことを「この人が彼女」と言われないので知らないフリ。
当の本人は私にくっついて深い眠りに・・・視界に彼女の名前が入ったままではどうも寝つきが悪かった。。。。。 のも、よく眠れたフリ。

きっと彼も私が気づかないところで都合の良さをキープしてくれてたことでしょーし、今のところ都合がいいまんまがよろしければ居心地の悪さに今度は見ぬフリをしてみる。
今日はそれでベタベタしてみたけど、今日だけだったかもしれない。

こんなかんじで7月終わり。
頭の中同様、自宅の部屋も片付けないと居心地悪し。
[PR]
by scent12th | 2005-07-31 23:02

ハラハラドキドキ

過去日記@30日

この日もまた朝バイトです。講師仲間と話が弾んで気がついたら1コマだけのはずが、3時間ほどかかって出てきました。。。夜に備えてお昼を食べたら寝よう~と思って帰宅。

が。

みろり嬢からcallをもらって、まとまらない頭の中の整理を大いに手伝ってもらいました。
ほんとにありがとー。荻窪まで出てきてくれるなんて★それでも試験中の身か~
このタイミングで話したことで、背中を押してもらった気がしました。
(本当にそれまでは心臓口から出るかと思う瞬間が来るほどだったのだ)

さて、原宿目指してれっつらごー。
おひさびさの人を呼び立てて表参道のカフェの喫煙スペースに籠もり(お互い吸わないのに)、話すこと3時間。みっちり3時間使ってしまった。精神的には大消耗。肉体的には大いに冷えた。省エネにご協力ください!冷房の設定温度は28度で!!

この後表参道沿いの別店でご飯を食べて。実は二日連続でマルゲリータピザを食べて。ブロッコリーとほうれん草のソテーの素朴な美味しさに馬鹿みたいに感動して。あー そろそろ限界です。いろんな限界。よくやった自分。甘いカクテル2杯で覚束なくなりました。

覚束ない人間は携帯の電池まで切れそうになって尚更心細く、逃げ込むように吉祥寺の地下のバーで飲みなおしました。いえ、ほとんど飲めないまま落ちました。

自分でも思うけどやってることがあおくさい。
[PR]
by scent12th | 2005-07-31 22:47

ひさびさMO

過去日記@29日
朝ふたっつ、バイトで授業やってから「キングダムに行ってまいります」と渋谷へ急ぐ。
ひと月以上ぶり、のMO会でござる。今日のめにゅはこんなでした。
1.ハチ公前集合→スイーツ王国にて食事
2.プリクラを撮る!→ゲーセンで太鼓の修行→ 夏 色 にカラオケ
3.会長をお見送りしてから夜まで近況報告会@ジョナ

スイート王国に男の子を連れてくる(連れて行く)というのはどうなのでしょ?
男の子的にどういう気分なのかしら。”女の子ってなんでできてる””おさとう、・・・”ってマザーグースの歌を思い出すかんじ。・・・?

ゲーセンというものにひっさびさに入りましたが前に入ったときは、エアホッケーがしたくて新宿歌舞伎町を探し歩いている時だったことを思い出します。おもいでづいてる、29の日。
太鼓の達人をはじめてやった!太鼓たたくのって懐かしい!いや、バンドとかじゃなくってもっと昔の地域盆踊りでたたいてみてた。
ウメとタッグを組んで4曲挑戦、結果、最後の一曲では達成率100%を記録した上に記録的点数を出してしまい、名前を残してきました(笑)渋谷のセンター街交番の付近のゲーセンに行くと「ぶぇにー」って名前が入っているかもしれません。ちょっと恥!

カラオケって見ました、が、ラルク(しかもSTAY AWAY)を歌うだけで「さすがヴィジュアル系」と言われるのはちょっと納得いかない。ディルとかマリスを歌ってからにして欲しい。歌う気は・・・・あまりないけど★

ジョナで粘って話した内容は、やっぱり言わなきゃ伝わらない、ってことかしら?
●●を2匹ほど退治したので私はとっても”オトコマエ”だそうです。タジ子用語は面白いvv
次回8日は、飲んで語るぞぅー。
[PR]
by scent12th | 2005-07-31 22:32

気になる映画

先日、久しぶりにCutという雑誌を買いました。映画関連の雑誌。

今日はその中からこれから公開される中で個人的チェックの映画のお話。

コープスブライド
ひっさびさの、ティム・バートン作ストップ・モーションアニメ。下で書く「チャーリーとチョコレート工場」と同時期にロンドンで製作されていたそうな。
19世紀のヨーロッパ舞台ですって~ゴシックテイストですって~。
気になる声優陣は期待通り、主役のヴィクターにジョニー・デップ(ガッツポーズ)
上のサイトでTRAILER観てみたら、お墓の周りからにょきっと骸骨の腕が伸びてきて掴まれ、振りほどいたら骸骨の腕がぼろっとひじから取れてた。
取れたまま動いてた。。アダムズファミリーのごとく。
10月公開なので、まだまだ先だけど絶対観る!!

チャーリーとチョコレート工場
ジョニー・デップとティム・バートンの組み合わせ好きとして待ち遠しい。あみみ~にも楽しみ度を語ってもらいたい。だってチョコレートだし。
よく観たらデップ、ニューハーフっぽいし。Cutによれば”『パイレーツ・オブ・カリビアン』以来のはまり役とも言える”とまで言われているんだけどどうだろうか。彼の衣装の色の取り合わせにはビビッてますけれども(笑)
『ネバー・ランド』は劇場で観たわりに記憶に残っておらず、、、途中寝ていた気すら・・
彼の役が、狙っていい役だったからかもしれない。王道ではないにせよ、少し同情できてそれなりにいい人の役では面白くないんだろうな。
『シークレット・ウィンドウ』は彼がつくった役が好きだった。演技、セリフ回しやかもす雰囲気も。けど話やノリはイマイチだったため全体的にそこそこでちょっと残念。

やっぱり、一癖も二癖もあって食えないキャラクターでもって魅せてほしい!
その意味ではこの映画は期待大。 チャーリーは『ネバーランド』で共演した男の子♪かわいい

リーアム・ニーソン「愛についてのキンゼイ・レポート」
実は今年の夏の一番注目作。映画としてどういうふうにできているか楽しみ。
結婚学、なんて講座があったら受講したいですか?
どこまで教えてくれるかによるけど、とりあえず私は受けると思う。勉強するものじゃないのかもしれないけどさ。経済的に何が得なのか、離婚てどういう手続きですんの、とかそういうことは教えてもらいたいね。別に体位とかは教えてくれなくてもいいや。うん。

オープンにこういうことかたれる人大募集★

邦画についてはまた今度!
[PR]
by scent12th | 2005-07-27 01:39

『愛だからいいのよ』 

内田春菊のエッセイ。
内田春菊はあの、東京電力のでんこちゃん書いている人です。
会長やトモッツには通じると思うのですが、実は心理学の教科書「マインドスペース」にも彼女の本からの引用があるですよ★

この本には個人的な思い出がありまして。
浪人していた夏のこと、いつもとは違う池袋の校舎で講習を受けていた私は池袋の人の多さに合わない狭さにダブルパンチを食らっておりました。
夏だから空き時間は勉強するだろうと思って朝と夕方のコマを取っていたため池袋を離れるわけにもいかず、自習室にこもろうとしても人が多くて使えず、結局外へ出て大して勉強しないでいました。
そんな私のよりどころだったのが、池袋ジュンク堂。1階からエスカレーターを上がっても上がっても、ひたすら本が並びます。ジュンク堂は図書館みたいなディスプレイだし、棚近くや窓際などに座って読めるスペース作りがなされているのでものすごく落ち着いたのを覚えてます。

大抵の浪人生・学生が行くのは最上階の参考書コーナー。しかし、私はさっぱりその階によりつかず、他の本屋ではあまり見ることのない品揃えに興奮していろんな階をさまよっていました。

そのうち背表紙のならびにぽんと表紙が正面になって並べられていたのが、この『愛だからいいのよ』です。(ちなみに隣にあったのは『内田きんぎょく』です(勿論あの字を書きます)
どぎつさに押されつつ手にとって読んだが最後、夕方の授業まで延々立ち読みを続けて気がついたらその本ほとんど読みきるほどでした。

その頃倦んでいた気分を押し流してくれるほど、強烈で(私から見れば)はちゃめちゃで、全体にわたって「そんなんアリ?!」といわずにはいられないほどの展開なのです。
今読み直してもそう思う。
けど一番惹かれるのは、思うさまを率直に書いていること。
生活の中でおきた、人との衝突も、裁判沙汰も、子どもの出産も。
これですら彼女の人生の断片でしかない、と思うと人一人生きてることってほんとすげー、と思わざるを得ません。何でもおきるのね、と思う。

逆に自分の生活に変化が少ないことを認識するに至ります。
ただ、彼女みたいになりたいと思うわけではないし、自分の生活を味気なくってだめと思うこともないんだけれど(きっとこれだから、変化が少ない)

あたしは今でもぬるま湯に浸かっている。
[PR]
by scent12th | 2005-07-26 23:55

夏期講習ふつかめ

今年も怒涛の40日間が始まってしまった。。
直前になって提出した勤務可能日のうち2日以外すべてにコマが入った。
もう少しで今年も100コマです。

それはそうと昨日は地震で大変だったね。
ちょうどバイト先のビル1階でレポートを書いていたときのことでした。
ごとって音がしたと思ったら横揺れ横揺れ!
入り口付近の水槽が大揺れ!!はっ、まずい 講師がみんな下にいるということは生徒さんたちみんな上の階!

私は自分でいっぱいいっぱいなので←地震嫌い 固まっていたらば男性講師が一人、
「上見てきます」と言って走り去る。おおー。 お?数十秒で戻ってきたぞ
「さくま(男の子)だけ机の下に隠れてました」 さくまくんだけじゃなくて皆は?!

ひやひやしたのに、生徒さんたちってばあんまり怖がってなかったらしい。よかったやら危ないやらですがどうにか一安心。

さてこの日はものすごく嬉しいことがあったのです。
なんと、バイト先宛てに今年中学受験をした生徒から暑中見舞いが届いていた!
受験生のうち本命に受かって以来、バイト先の塾をやめていた子なので実に半年ぶり。
林間学校で長野にいて、明日はいよいよ山登りです!!頑張って山登ってきます☆って書いてある。可愛い・・・最後に、
「先生、これからもがんばってください(ニコちゃんマーク)」とあった。

これは、くるよ。感激。励まされる。よくよく見たら、宛名にカッコして私個人名が書いてあったのでさらにぐっとくる。当時彼女の担当講師は4人いたのに。そして暑中見舞いを書くあてとして自分のことを選んでくれたのが何より嬉しかった。

感激を社員に伝えると、社員が彼女の家に電話をしてくれたので話してしまいました。
「元気ですか?学校はどう?」
「元気です、学校はもうすごく楽しい。頑張った甲斐があったと思う!
   わーん 先生やっててよかったよ~。
あんまり嬉しかったのでその暑中見舞いはもらって帰りたかったのですが、バイト先宛てに来たために持って帰れず。食い下がってコピーしてきました。
夏期講習中眺めています。
[PR]
by scent12th | 2005-07-24 14:53

12時半には起きてばばばっと支度。ドライブのとき教えてもらったのですが、この日は横浜のルーヴル美術館展の最終日。
道すがらお金下ろすの忘れた、時間見間違えて遅れた。とF氏に言うと
「こっちもヤバい、今入場1時間待ちのうえチケット売り場にも人が列を・・」最終日は甘くなかった。 結局、連日ハードスケジュール遂行したFを 待たせ、並ばせ、買わせて すっかりお世話になってしまいました。ジェントルロシア人。

トルコ風呂ってのは、他の絵とは違って円形のキャンバス。額縁の内枠ももちろんそれにそってまん丸です。これは、女性用浴場をみる覗き穴をイメージさせているそうな。へーそれにしては風呂に人が多すぎだけれども。女たちふくよかで色白ですごく偶像化してあったけど。(だって体毛とか省略だし、肌の色も白いし、髪の毛も一様に栗色よ?)
男の視点を意識してるんだろうな、それか無意識にそう捉えているからなんだろうなと思う。
絵画見てると当時なにに長けていて何が専門外なのか見えてくる気がして楽しい。

メインのトルコ風呂以外に、見てよかったなと思うのは人物画と動物画。
特に動物画は面白かったー! 歴史画でよくお目にかかるドラクロワが描いた「母虎と戯れる子虎」という絵があるんだけど、この虎の絵はちょっとおかしいです。
だって、虎のしっぽが、先が細くなってて蛇みたいなんだもの
よく見ると、虎の目も細くつりあがっていてなんだか虎じゃないみたい。

ヨーロッパにとって一番身近な動物は、馬と牛だったようでライオン(獅子)や虎というのはアジアの動物として珍しく感じられていたようです。
虎の縞はよく観察されてるように思えたけど、目やしっぽの形に関しては客観的ではなかったのかもしれません。そうでなければ、写実的に描くよりも象徴的に描いて絵に含ませたテーマがあったのかもしれないし。

どれを見ても思うけれど、ヨーロッパの光と影のバランスのうまさには感激。
身体の凹凸に伴う影、布地の山と谷に現れる明暗とそれで描かれる精密な皺。
水の透明感を伝える色使い。 目に焼きつきます。面白かった・・!

お誘いしてくれてありがとうーF。

夜。
[PR]
by scent12th | 2005-07-21 15:06

さて、感覚的にはまだ17日な午前1時。
私はこっそり家を抜け出して一台の車に拾われます。とりあえずの行き先は、テスト前の浴衣娘をおうちに送り届けるための小金井です。ぶーーん=3

おうちに着いたら、浴衣娘のおうちはメルヘン。浴衣の子が出てくるよりも、深窓の令嬢でも出て競うな構えです。そんな中から、浴衣の方は愛犬を抱いて再登場☆

キャンキャンキャンキャンキャンキャンっ

猛攻撃。猛吼撃。そんなにぶるぶるしながら吼えなくっても・・周りのおうちのわんこまで、のんたんの鳴き声を聞きつけて参戦してきます。
  午 前 2 時 。
落ち着こう。みろり、何も言わずにをくっつけてのんを黙らせます。黙らないので手で口を押さえます。ぶるぶるのんたん。かわいそうなくらいきゃんきゃん言うので、さっさと撤退ー!後で聞いたら、興奮しすぎたのんたんはみろりの浴衣にピーしたそうです。肝の小さい男め!ダメ。

さってー、こっからドライブ開始!”運転手はコジコジ、ガイドはシュプピバコフでございます”
あやしー車に乗っちまったぃ。どこ連れてかれるんだメルヘンの国かな?
ロシア人がひとこと。
「おなかすいてない?ラーメン食べない?」  なるほど!(ぽんっ)
一路横浜へ。ブルーライトよこ~はま~~♪ 2人はラーメンを、私はオーギョーチを食べました。近くには生田緑地があるけど真っ暗だよー、ほんとに危ないよ、だって穴開いてたら落ちた友達いるもん とロシア人が言うのでやめる。よくわからないので何となく走って山下公園へ。これが、ミスった。何故って花火大会の後の公園よ?ゴ ミ 山 じゃい!

ちょっと凹みながら車に戻れば、もう日が上がってきた
c0032771_1441418.jpg
ちょっと涼しい気がするから屋根あけて走るぜーい。いよいよ眠気に耐えられなくなった私は後ろのシートで倒れ、そうしているうちにロシア人宅に着いてました。
ぼーっとしてたらコジコジも運転お疲れのためエンジン切って足投げ出してリクライニングなスリープzzzzzzzZZZ
少しすっきりしてしまった私は、ロシア人と一緒におうちから見送るジョニーを近くまで見に行った。これ、じょにーおじじです(12歳)
c0032771_14453725.jpg
おじじを撫でるシュプピバコフ氏。そのたびに抜ける毛!! 奥の袋にはそうして抜けてった毛が山盛り。病気ではなく、そういう季節だそうです。可愛いなーじょにおじ。
   ずっと下のほうを舐めていらっしゃいましたけどね。
目のやり場に困るよー、ねえ、コジコジ?と振返っても運転手は未だ熟睡中~。

困ったね、寝てる人起こすの嫌なのよ。どう起こさないか、に全神経を注いできたのよ。
すかーーーーーーーっ と寝るY様も珍しいので少し観察しつつ、ジョニー・ロシア人とお別れ。
この後「ふっかつしたぞ★」とY様が復活するまで待ってから、午前7時ごろ帰宅しました。

    車がぼるぼじゃなくって知り合いの車じゃなかったら運転したかったー!
          Y様・ロシア人ありがとんw 
[PR]
by scent12th | 2005-07-20 03:11

巻き戻し日記@17日

母方の従兄弟のにいちゃんが、奥さん連れてうちに来ました。
母は水曜日あたりからずーっと、あげる物や食べに行く店などで頭を悩ませ、お店に関しては私も協力。微々たる協力・・。
だって、地元の店ってあまり行かないから知らないんだもの!

なんとか見つけたのが、中華・マレーシア料理のお店。
こじんまりしているけれど、コストパフォーマンスが良い、何より美味しいという評価を見て候補にあがる。他には兄さんと良く行く一番格が上の和風居酒屋も候補にしておく。最後に母さんが納得する懐石料理の店も入れて、いざ、新婚の2人に選んでもらった。

マレーシア料理にけって~!

さて、この日私が心配していたことがあります。
それは、うちでは家族で食べていてもほとんど会話がないことです。メインていうかゲストっていうかで新婚の、2人が来るっていうのに、食卓でいつもみたいにひっそりしてたらどうしよう!!ものすごく気まずい。っていうかその場にいたくない・・
従兄弟のニイチャンはまだしも、おくさんの方は赤の他人なわけで、どんな人かもよくわかんなにのにうちの無口で無精な父がどんな印象与えるやら・・母親が変に気はったりしないか・・ハラハラ。
内心そこまで思っていたんですが、結果的には杞憂に終わりました。
むしろ円満でした。
そこまでまごついてる私が多分一番浮いてました。

奥さんはニイチャンと同じ大学の一個下。
ニイチャンは大学で2年弱カナダに留学していて(その間にはカナダ人?の彼女もいて)英語はペラペラでございます。が、
おくさんはなんと同じように大学でアメリカに2年くらい留学した上に、どういうわけか聞きそびれたけどフランス語もいけるそうです。3ヶ国語堪能だって、いいなー!

でもね、これが2人ともびっくりするほど自然体で力が抜けている、いい夫婦なのです。
上品で気を張るタイプ、とはかけはなれている。どこへいっても自然と輪になれるような、相手に警戒心を与えない二人でした。

2人の結婚式はカナダでやります。常々海外旅行にいきたいと言っていた母が、親戚代表で行きます(カナダ満喫するはずです) わんさかお土産買ってきそうなので、今から注意しておかなきゃ。

結婚というのが、ふつーに人生の中にあるんだねーってことを感じました。
分からないけどな・・・未だに。よくそんなすんなり、みんな結婚していくもんです。

ま、こんな地元でも喜んでもらえて美味しく食事できて、話せたからよかった。
[PR]
by scent12th | 2005-07-20 03:10

巻き戻し日記@16日

早起き四日目、朝9時半から昼まで働きました。
等身大甘え上手な小学生の相手はもうできなくなってる・・苦しい・・

あがってからは、すなっちとお昼ごはん。うどん食べに行きました。
生醤油は美味しいね!ぶっかけもいいよ?
後で気づいたんだけど、その店はカメと渋谷に行くと必ず入ったうどん屋のチェーンでした。
「ひやあつ」っていうメニューがあります。
讃岐のしこしこうどんを思い出せます。また行きたい~

さて、すなっちは自分に厳しく理屈(理論)と感情・現実とを一致させようとする努力ができる人でして、私は自分がいろんなことをはっきりさせず曖昧にぼやや~んとしているのだということを痛烈に感じさせられました。
そして「それでいいのか、」と自問して、その自問が頭から離れないため思考の散歩に出ました。

行く先はパンツの直しを取りに行く新宿です。死ぬほど暑いぞ!!散歩とかいってていーのか、私。。 でも、止まらない、思考回路はアクセル全開。
迷った末、どこか一点にとどまっていると思考も流れないので歩き続けることにしました。
東口からスタートして丸井CITYまで行ったあと、紀伊国屋を目指して歩き、さらに進んで代々木へ出ました。こうなったら知ってるカフェにたどり着くまで止まらないぞ。
c0032771_2454796.jpg
久々の、LOLITA

着いてから1時間は、早起きの上に暑い中歩き通した疲れによりスイマーに襲われました。おのれ~一人でいるのに眠れるか~。
とりあえずぼーっとして、考えたことをできるだけ書き出すべく紙とペンを取り出しました。

でも、思っているまま書くことが難しくって四苦八苦。ここへきて常にこんな作業を頭の中でしているすなっちを尊敬。思わず尊敬メールを送ってしまう。(書くことからの逃げ)

外がものすごーく明るく写っていますが、この時点では17時を回ってるのよ。
その後やるだけやった、と思えてから帰宅。なぜか帰宅時間は21時でした。
空白の4時間にしていた内容が思い出せません。危険、私・・・・

でも、突き詰めて考えなければならないことがどんなに多いか、どれだけのことを自分が放置してみないフリしているか、やっと自覚した。 かもしれない。
きっと自分で見えていないものが、たくさんある。
[PR]
by scent12th | 2005-07-20 02:54

嘘もホントもベニニッキ。 ことばでどうでしょう。