連休おわりにつづる

貴重な3連休がどこにも行かず終わろうとしています!
のんびりできたし、ガスコンロ直ったし、家事もしたし、美味しい飲み会したから十分よね。
(如何せん昨年末からの使い込み方がおさまらなくて、旅行する余裕がなし。さらには生理前で体調が微妙だったのが敗因だ!)

ぼんやりしているうちに、昨日なんかは13度まであがって春だな。
今冬も暖房はほとんど付けずに終わりそう。
ほとんど、というのはこの冬で付けたのは記憶の限り2回!
寒いかどうかよりも洗濯物があまりに溜まってしまい、
物干し台を部屋にいれてフル活用して干すためでした。

その代わりよく付けていたのがホットカーペット。
おかげで?電気代は冬場だからといってそこまで上がらず、高くても3,500円ほどでした。
私に取っては高いんだけどこの金額も・・!
前の部屋より毎月約千円高いんだよな、どこだろう。
あとどこの電球外せばいいんだろうか。

ちなみにガス代も水道代も前の部屋より高くなってます。
おかげで家賃下がった分が相殺されてしまっているような悔しさ。


防寒でいうと今年のMVPはヒートテックトレンカ!!
いやーこれのおかげで体感温度かなり違ったわ。
デニム派ですけどずっと寒かった太腿の部分が暖かくて最高でした。
腰回りがゴムなんですけど、これもタイツの腰部分よりゆるめなのでとても楽。

下に書いた結婚式の参列時にも実は黒のヒートテックトレンカを履いていました。
ちなみにトレンカだけだとかかとと爪先が露出するので、その下か上に靴下か足首までのストッキングを履くのを定番としていたよ。NO色気NO寒気。

おかげで冬でもずーーーっと快適にパンツで過ごしました。
もうスカートなんて履けない・・・かも・・


でも履いてみたい気分がなぜか最近上がってきたので、
来月になったら下北の古着屋さんに偵察に行ってくる予定です。

最近分かったことは、今住んでいるところからだと六本木にも出易いということです。
全然使いませんが、先輩のお式が乃木坂で先日Mたんとご飯に行ったのも六本木。
乗り換えこそ2回だけど20分ぐらいで行けるのは近い。
新宿に出るのと渋谷に出るのとほとんど変わらないのでした。便利!
だからと行って六本木で買い物するかっていうとしないけど。ご飯美味しいんだよね。


来月は激変にさらされそうですが、下北とイチゴ祭りとホイホイを楽しみに
だらーっと頑張ろうと思います。


そうそう、アプリ投稿できないよ!?おかげでまた写真載せにくいじゃん!
どうにかして!! >エキサイト
[PR]
by scent12th | 2012-02-25 00:42 | 凸凹

初参列

昨日、無事に先輩の結婚式と披露宴に参列参加してきました。

母が「結婚式っていいわよ〜!私は好き!」と言っていたので、娘の私も行けばほだされるかと予想して行きましたが、結果そんなことは起こらず。2次会などを逃れられたせいかもしれませんが、かなりフラットな気持ちで帰ってきました。一応書き留めてみる。

先に総括してしまうと、時間に遅れることもなかったし、直前に予約入れた美容院では快く髪のセットをして(しかも鼓舞するかのごとく褒めて)もらって、会場のトイレで一緒に受付をする先輩と会えて、式中はコート着用許されたし、披露宴もお涙頂戴的演出がなかった。
しかも適当なこと言って会社の人たちの2次会に流れる前に抜け出して同期と飲みに行きました。

つまり全然嫌な思いする場面なかった。
時間が押したことと下手なスピーチだらだら聞かされたことと披露宴の隣席が今の店長で会話無かった、というぐらいです。でもそのぐらい大したことないよね、結婚式あるあるのトップ3ぐらいでしょ。

さて、視点を変えて行く前に読んでた「ルール」と実際の差についてなぞ。
●お祝儀を包む“袱紗”
お祝儀をバッグからそのまま取り出すのはダメ、と読んでいたけど受付で列席者の方80人ぐらいを観察した結果袱紗に包んでいたのは7割ぐらい。その場で記名することに比べればあまり非常識とは思うまい(格式とか規模等による)
私は前夜になって母に袱紗を借りそびれたことに気づき、美容院に行く途中物色してみました。
しかし出す一瞬のプライドのために次回いつ使うとも分からぬ、ご祝儀包む以外の用途すら思いつかないものを結構な金額出して買うことに納得できず断念。
ラッキーなことに受付する我々は来賓の方の隙間をぬって出すべしと教えられたため、誰かに見咎められることなく2人して出せた。(一緒に受付やった先輩も袱紗持ってなかった)

●黒い衣装/殺生ものの革やファーは避けるべし?
黒は着てくる人が多いせいなのか、黒ばかりだと華やかさに欠けるせいなのか、女性はできれば避けた方が良いと読んでました。(ちなみに白のがもっとNG)(男性はダークスーツとなってた)
結果、女性でも15人ぐらいは黒でした。ワンピースとかツーピースに真珠のネックレスの用な合わせが多い。奇抜な人がいて黒の革パンにピンクラメのチューブトップニットに黒ジャケットというのも見かけました・・
男性はダークスーツっていうか黒が圧倒的に多くて、結果的にわりかし黒じゃん?と思いました。年輩の方は和装でも黒が多かったし。


こんなとこでしょーか。
当日になってしまえば意外とこなせてしまう自分にちょっと引きました。
食事美味しかったです。
[PR]
by scent12th | 2012-02-06 17:37 | フラット

昨日朝イチで受けた問合せで湊かなえさんが書かれた
「性能があがる三種の神器」というコラムにひっかかったので久しぶりに書いて整理してみる。

コラムの全文はググるとすぐ出てくるんだけど、
”泣かなくなったのは、心が強くなったからではありません。人間が大きくなったからでもありません。「聞き流す」「やり過ごす」「なかったことにする」という技が自然に身についたからです。まさに、三種の神器です”
という部分がミソ。

このコラムの中ではかぎかっこの付いている技が神器なわけだけど、私にとっては逆に恐ろしく感じられるのですよ。。
絶対必要だし今自分もこれできるようになったから人との距離が測れるようになってとれるようになって自分も距離も保てて、とりあえず勤め人できているような気がするんだけど、それと同時にこの数年で確実に泣くこと減ったし爆笑減ったし文芸書読んでも心に迫る体験がない。思い返すと『ナラタージュ』ぐらいまで戻りそう(人に通じる作品で言えば)

感動する感覚がものすごい鈍ったんじゃないかという危惧がすごい。

でもなんでこんなこと危惧するんだろう。

今でも店頭立っててほとほと「なんでここまで人(お客さまも職場内も)の感情とか言い分につきあわなきゃいけないんだろう」とか思ってしまうんだから、今より鈍感になった方が楽なはずなのに。神器的扱いには賛同してもよさそうなのに。なぁ。


そうそう、話はぶっとびます。
書いたら感情だけに留まらず具現しそうと思って書かないでおいたけど
この半年ぐらいずっと、探しに来ている方の気持ちに共感できないばかりか
そこまで求められてもなあってプライド皆無みたいな受け取りかたすることが増えて
これは続けていられるかしら、と不安に思うことがあるのです。

なにくそ、と思って吸収する気持ちになれないのよね。
求められたこと(のうち確かに必要なもの)に応えられないのが恥ずかしいと思えない。
それって向上心ないってことだよね。
ま、そもそもこの仕事で自己実現とか目標!とか思っておらず、私のような人ができてかつ続けられる仕事と思ってきたわけですが。

ただし&せめて
やってる仕事を卑下したり、愚痴を言うことで発散するような仕事(の仕方)ではなくて
不満があれば状況を変えるために何かやってみよう、とか思える余裕はあったはずなんだ。
あと、この仕事なら続くかもなと思えた根底には本を探しにくる人の気持ちには理解できて応えようと思えそうというのがあったんだ。

どこいったんだろうそれら。

完璧に自分の内からなくなったわけではないのですけどね。

違和感ははっきりしてきた今日この頃です。

あと、大学時代と違ってこういう話を親しい相手にもぽっとできない辺りも無駄に人と距離取っちゃってる自分を感じる。
どうでもいい内容のメールは本当に減って(言いたい相手がほぼ皆アナログすぎて即時レスしない人たちっていうせいもあるけれど)
ただの社会的な生き物にばっかりなってきてしまって

虚しくなるのよねーーーー

この、言語化能力の著しい減退も自己嫌悪の原因かな・・

少しすっきりしたので明日に備えて寝ようと思います。
[PR]
by scent12th | 2012-02-03 00:31

嘘もホントもベニニッキ。 ことばでどうでしょう。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29