上がった本の話

打てるようになったのはいいけど、MacBookのくせにマウス使うってやはり不便に感じるものだ・・!

下記の記事からしばらくずーっとローテンションで大変よ。ここ3日はPMSとせーりつーで人に電話したり泣いたり旧友のだんなさんに会って面白がったり寝込んだり凄く酷い!

さて、お盆の間に半年のフェア決めようとしまして。計画すらたてられず本の物色で終わったんですがおかげでああ!こういうの売りたいわ!てものと会えちゃった。

英語にあきたら多言語を! ~ポリグロットの真実~

トニー ラズロ / アルク


外国語をはじめる前に (ちくまプリマー新書)

黒田 龍之助 / 筑摩書房

スコア:



楽して学ぶ?ざけんな!
苦労して当然!多言語ラブ!
辞書だってあう合わないがあるんだ大は小を兼ねない!

なーんて叱咤激励がたくさん。売る側のことも代弁してもらってる気分。特に二冊目の黒田先生~、素敵だ~。


元気が出ました。
そして昨日、ひっさびさに大量注文が取れそうになってホクホクでした。
全部で何冊なんだろう、、一冊がそんな高くなかったから試算してそれほどでもなかったんだけど。普段一件の注文で十冊超えることが稀なので湧きますわね。
決定は月曜日。たーのーしーみー
[PR]
by scent12th | 2012-08-19 01:37 | 嬉喜

どう転んでも凹ませ系

7月の終わりが近づいた頃、「四季」シリーズを読み直し始めた。
もう全然細かい内容を覚えていないのだけど、「死」をすごく感じる話だとだけ覚えていた。
泣かせるための死ではなく、生きている価値の話のための死。

平行して前のノンフィクションも読んでみて私が求めているのが何かが分かったのでメモしている。

私再生産志向がない。
体は強くも弱くもないけど長生きしたいと思わないし、
例えば視覚が著しく衰えたら今より厭世的になる自信がある。
そして親や親戚がいなかったら自由だな、と想像したりする。
何となく、親より先に死ぬのは酷いことのように思う。

先日Y木さんとも喋っていてしみじみとした、
何にもならずに 何もなさずに いても平気なのだと分かってしまったねぇ
という話をした。(彼女の意図がそうだたったかは、やや自信がない)

実に,実にそう。

誰かに理解してもらわなくとも生きていられるし
男女で結婚しなくても生きていられる。
誰かと仕事をしなくても生きていられるかもしれないし(未経験のため推定)

あらゆる悪意、妬み嫉み、傍若、傲慢をなるべく目の当たりにしたくない。
幼さと老いはどうも上記を多分に含んでしまうようなので、もう本当に長く生きていたくなんかない。

自棄になっているわけではありません、
ただ生きている限り変化はするので言うことはいつか180度違うかもしれないな。
例えば母になった時とかね。
[PR]
by scent12th | 2012-08-11 01:10 | 凸凹

嘘もホントもベニニッキ。 ことばでどうでしょう。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31