1年に1回の更新ですね

毎度のことながら急な人事で10月にまた社員が半分入れ替わりになった。
しかし今までと大きく違う!全員がフルタイム入れる上に行動派!

それでもまだ、風穴あけるまでは至ってない。

人が変わって顔合わせを除いて初めての全員ミーティングは惨敗に終わった。

新しい人が来たばかりで異質に映る部分というのは、新しい期間だけにできること。
それが問題点なら変えるチャンスなのにまた活かせないなんて恥ずかしい。

それでも問題意識を持ち続け、できるところから変えていける人が来たおかげで幾分安心した。
同時に自分のことも批判的に見られていることを意識すると、指摘されないだけであれこれ溜まっているのだろうな。

「優秀だから、他のもっと大きな会社にいっても成功しただろうね」
ちきりんさんのブログで、褒められるだけの組織にいると気づいたらやばいと思え、と書いてあるのを強烈に覚えている。
同時に、自分に優位なところで勝負するという点もあった。

この組織でまだ給料的な上昇は見込めるが、ペースが今まで通りかは怪しいところだ。
これで頭打ちという可能性が出てきた。あとは管理職級だけというのならそうそう簡単にいかないかもしれない。

仕事のうち、自分の担当チームについては横を見渡してみて一応の存在感は確立できたと思う。
「心配していない」としか言われてないし、やり切ったかと言われるとまだ出来ることがありそうだが、やらなければ後悔することなのか?と考えると未練を感じない。

私はこれまでに、ロールモデルと背中を追いたい凄く上の人とも縁ができた。
訳ありだけど後輩も送り込んだ。

ここへ来てやっとやっと、自分が今ここに必要とされているという実感が湧いて、かかってくるコールに可能な限り答えるべきだとようやく腑に落ちてできるようになってきた。
同時にできないことと振り回されて山積する自分のする事も見える。

どこまでやるか。

転職に抵抗なく向かって行く同い年女性を見ていて、自分にそれができるのかと考えると不安でたまらない。腰は重いし、今までの職歴が市場で価値があるのか自信がない。それを訊く事すら抵抗がある。そんな状態で既にハンデになってるだろう年齢もあるのに何ができるのか。


しばらくぶりに3連休をとり出かけた京都旅行で、同行者と話をしてそんな事を思った。
c0032771_161848.jpg

[PR]
by scent12th | 2014-11-27 01:33 | フラット

思う事しばしばである。

保険、PL、投資、栄養、料理(実技)あと政治かな。
これらのうち、栄養と料理以外は語る術すら知らなくって友人の間でもこの話する相手が極端に少ない。まーあとはマネジメントとか。

社内では専門家とかひねくれもん、変わった人であることに価値があると思われてるのは知ってるのだがそれだけじゃご飯食べていけないだろう。

気づいたところから始めるしかないんだ。
他人を変えるより自分が変わる方がよっぽど速い、というのはどこいっても同じのはず。
[PR]
by scent12th | 2014-11-20 00:00 | 凸凹

嘘もホントもベニニッキ。 ことばでどうでしょう。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30